還暦祝いはちゃんちゃんこを着せる

還暦祝いはちゃんちゃんこを着せる

還暦を迎えた方には「赤いちゃんちゃんこ」が定番です。それは知っているけれど、由来を知らない方は多いのではないでしょうか。
満六十歳の還暦は、十二支と十干が産まれたときと同じに戻ります。十二支は十二年単位、十干は十年単位で巡るので、満六十歳になった時にちょうど十二支と十干が産まれたときと同じものになるのです。そのため一種の生まれ直しと意味づけられていて、「暦が還る(こよみがかえる)」という漢字になっているのです。
古来より、赤という色には魔除けの意味がありました。昔は現代と違って産まれてすぐに亡くなってしまう赤ちゃんも多く、また赤ちゃんには赤い肌着などを使っていたため、赤いよだれかけをかけたり、ちゃんちゃんこを着せていました。
還暦の方も「生まれ直した方の魔除け」と「赤ちゃんに戻る」という意味合いで、赤いちゃんちゃんこを贈る風習ができたと言われています。
また、男性は六十歳が厄年になることもあり、その厄除けという意味も含まれています。

還暦祝い、プレゼント